Top Pgge.

Roots.

Production process.

It supports tradition.

Standard.

Link.

宮古上布の用語解説へ

Explanation.

orimono@miiyakojima.cc


宮古上布の規格
名 称
規 格
貼付するマーク
宮古上布
(十字絣)
@経、緯糸に手績み苧麻糸を使用
A染色は藍染とする
B絣は幾締め又は手括りによる十字絣
C14算以上とする
D手織りの平織である
通産大臣指定伝統工芸的工芸品証
沖縄県織物検査済之証
県指定伝統的工芸品の証
・宮古織物組合商標登録マーク
宮古上布
(草木染)
@経、緯糸に手績み苧麻糸を使用
A染色をする場合は、藍又は天然染料による
B12算以上とする
C長さは12m60cm以上とする
D絣を入れる場合は機締め、手結い又は手括りとする
E手織りの平織である
県指定伝統的工芸品の証
・宮古織物組合商標登録マーク
宮古織物組合検査済の証
(宮古上布草木染)

 



宮古織物の規格
名 称
規 格
貼付するマーク
宮古苧麻織
@経糸に麻(ラミー)、緯糸に手績み苧麻糸を使用
A染色は科学染料又は、天然染料を使用
B12算以上とする
C長さは13m以上とする
D高機による手織りの平織り
・宮古織物組合検査済の証
宮古麻織
@経糸に麻(ラミー)、緯糸に手績み苧麻糸を使用
A染色は科学染料又は、天然染料を使用
B12算以上とする
C長さは13m以上とする
D高機による手織りの平織り
・宮古織物組合検査済の証
宮古織
@経糸に綿、緯糸に麻を使用
A染色は科が紀染料又は、天然染料を使用
B12算以上とする
C長さあh13m以上とする
D高機による手織りの平織り
・宮古織物組合検査済の証

 



各マークの種類
種 類
名 称
概 要
通産大臣指定伝統工芸的工芸品証 「一定の地域で主として伝統的な技術又は技法等を用いて製造される伝統的工芸品」の「産業振興を図り、国民の生活に豊かさと潤いを与えるとともに地域経済の発展に寄与し、国民経済の健全な発展に資することを目的」としている。
沖縄県織物検査済之証 沖縄県では、伝統染織物の品質の維持、改善、向上を図るため、沖縄県伝統工芸産業振興条例に基づき、昭和49年度から県営検査を実施しています。
県指定伝統的工芸品の証 「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定により、経済産業大臣の指定を受けた工芸品のこと。
宮古織物組合商標登録マーク 「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定により、経済産業大臣の指定を受けた工芸品のこと。
宮古織物組合検査済の証
(宮古上布草木染)
宮古織物事業共同組合の宮古上布草木染の検査項目基準に適合した証。
宮古織物組合検査済の証
宮古織物事業共同組合の宮古織物検査項目基準に適合した証。

 



Copyright© 2005 宮古島織物紀行 All Rights Reserved.
 
当ホームページの掲載記事、画像など、あらゆる素材の複製・配布・無断転送を禁じます。
宮古島織物紀行はデジタルコンテンツ制作会社の
シフトエンジニアリングが運営・管理しています。